試作品オーストレッグのSM首輪製作

P6190007

オーストレッグのSM首輪

今回はオーストレッグのSM首輪を制作致しました。

オーストレッグとは駝鳥(ダチョウ)の脚の部分の革の事です。
天然素材の中でも、第一級のオーストリッチは知ってる人も多いのではないでしょうか。

爬虫類に似たウロコ状の模様が特徴となっています。
1匹のダチョウからは2枚しか取れず、使用できる部分も限られるため、貴重かつ高級な革となっています。
SM首輪に使うのには丁度良い大きさではありますが流石に値がはります。

ただ、この光沢と模様は高級感があり素敵なSM首輪になりました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

DSC_0063

オーストレッグをこうやって見るとやはり爬虫類っぽい模様と光沢があって高級感があります。

一匹から2つしか取れない貴重で高級な革なのですが、大きさ的にも丁度良い感じです。(意外と小さいです)

DSC_0060

中央部分を首輪として使います。

 

DSC_0064

貼り付けたのがこちらです。

Tになっている部分はチャーム部分に鈴を付けたりした場合直接肌に金属が触れないようにする為のものです。
この部分はこのままでも良いのですが、今回は切り抜きをしました。

P6190007 P6190006

オーストレッグの革だけだとゴツくなりそうなので、赤いブレードを縫い合わせています。

オーストレッグの革としての加工はそんなに大変じゃなかったです。
ただ、中央部分で余り使える部分がギリギリだったので、使う革を良く選ばないと足りないとかになりそうです。

オーストレッグの光沢と模様は高級の雰囲気を出しています。

保存


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください