麻縄と新しい首輪素材を買いに浅草橋へ

DSC_0077ちょっと浅草橋まで久しぶりに行って来ました。

浅草橋と言えば鞄の金具やビーズやら人形やら様々な卸し問屋がたくさんある街です。

今回は麻縄と新しい試作品の革を求めて行って来ました。

まず最初に立ち寄ったのが麻縄の仕入れ。

プロの方は結構ココの縄を仕入れているのではないでしょうか?
自分もそろそろ緊縛を真面目に覚えようと思い麻縄を自分でなめしてみようと思い買いました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

DSC_0081買ったのは麻縄6mm7mを20本。

ちょっと買いすぎかなと思いつつ麻縄のなめしは初めてに近いので失敗を考えるとこんな物かとおもいます。

それと、シャークレザー(鮫革)とエイ革を購入。

流石に縄20本は少し重くそしてかさばります。
紙袋に入れて持って帰るのもちょっと大変でした。

ま~頼めば配送もしてると聞きましたが、自分で持って帰りたかった感じです(笑)

麻縄

DSC_0082買ったばかりのなめしてない麻縄は流石にタールの匂いがきついですね。
さらにやっぱり硬い感じがします。

今回こんなに買ったのは失敗もするだろうしと言う事なのですが、普通になめすよりカラー麻縄にしようと考えています。

色は黒

なぜ黒にするかと言うと自分が作っている首輪がゴシック系が多いのでそれに合うように黒に染め上げようと思っています。

薔薇の首輪にゴスロリファッションに普通の麻縄は合わないだろうと言う事です。

なめすのは暫く先になるとは思います。
麻縄をなめす用の鍋をまず買わないといけないのでまた今度ホームセンターなどで買いに行く予定です。
一応鍋は革を染めたりなどにも使えたらと思っています。
それと、麻縄のなめす方法を現在調べ中です。

人それぞれなめし方が違うので良く考えて実践してみようかと思っています。
ただ良く言われてるのは

  1. 30分お湯で煮る
  2. 縒りが緩まないように陰干しをする
  3. オイルを染みこませる
  4. ケバを焼く

と言うのな感じらしいのですが、中にはお酒でタールを抜く方法や、干すときに錘を付けたり付けなかったりと人それぞれみたいです。

今回は染めるので煮る西行は少なくとも必要かも知れませんが・・・。
とりあえず検索したり色々な意見でも聞いてからと言う事になりますね。
麻縄のなめし方法を知っている方が居たら参考までにお聞かせください。

エイ革

DSC_0083一時期エイ革ブームってのがありましたね。

主に財布になっているのが多いですが、今回は首輪にしようか考えてみたもののちょっとやりすぎ感が出そうなので悩み中です。

また、今度イベントがあるのでそれに合わせてエイ革を使ったマスクでも良いのかもと思っています。

ただ、今回買ったエイ革はそんなの大きな物では無いのでエイ革だけでマスクは作れないので一部分がエイ革ってことになるでしょう。

そう言えば、エイ革ブームの時にプラスティックで出来たまがい物が良く出回ってたきおくが有ります。
硬いし色落ちしてくるし、最悪なまがい物って印象があったな(笑)

シャークレザー(鮫革)

DSC_0085最近気に入ってるレザーのひとつです。

シャークレザーはなんと言ってもこの模様がカッコイイ!!

でも結構高いんですよね・・・・。

このレザーでジャケットや革パンツとか有ったらめっちゃカッコイイ
でも何十万円もしちゃうんだろうな・・・・。

ま~今回は首輪の素材として購入したはぎれなのでそんなにしませんでしたが高級レザーには変わり有りません。

このレザーに鋲とか付けてパンク系にしても言いと思うし、そのままシンプルなのでも十分カッコイイと思います。

DSC_0084ただ、カッコイイので首輪を作るときのサイズをどうしたものかと考えています。

良く作っているのは首周り30cm~36cmのアジェスタータイプなのですが、これは細め首サイズです。
ワンランク上の37cm~43cmになります。このサイズだと男性でも付けられる。

カッコイイのを作った場合やはり男性が付けるのか?

でも、ボンデージとかなら女性でも似合いそうな感じがします。
試作品は近いうちにでも制作します。
乞うご期待を(^・^)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください