アートな人首輪

人首輪と言えばSM的なものが多く出回っている中、ファッション的な面に関しても多く出ている。
人首輪は多種多様だが、CrimsonCrowとしてもアートな人首輪製作をすることにしました。

アートな人首輪だけに一点物になってしまう事が多いのは仕方ないと思っている。
ただ、こういった嗜好の人首輪もあっても良いんじゃないかと思う今日この頃。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

DSC_0267

アートな人首輪

DSC_0283

アートな人首輪

今回T喰っているアートな人首輪は血のりや目玉といった作品で、血のりの具合とか傷の表現などはその時その時インスピレーションによる創作。
二度と同じものは作れないのが難点だが、作品として考えるとそれで良いと思う。

とても個性がある人首輪だけに、自分を表現する人首輪として着用してくれると嬉しいです。

こういったデザインだから、アンダーグラウンドなイベントやハロウィーンとかも活躍しそうな感じですね。
今回の作品に関して最低でも5種類は作りたいなと持っているが最終的に何個作るかは未定。ただ、頭の中に浮かんでくるイメージは湧き水の様にどんどん湧いてくるので結構な数は作れるんじゃないかと思う。

傷を縫った表現はなかなか良いんじゃないかと思ってこの手のは何個か作っても良いかも。
傷跡で言えばリストカットみたいな表現の人首輪もあっても良いかもしれない。
他にも、血だまり?血に染まったので蓮コラみたいのも作ろうと思っているが、どこまで気持ち悪く人の目を引き付けられるかこれから作るのが楽しみでもあります。

DSC_0267

アートな人首輪製作工程1

DSC_0268

アートな人首輪製作工程2

DSC_0269

アートな人首輪製作工程3

DSC_0270

アートな人首輪製作工程4

DSC_0276

アートな人首輪完成

製作工程を掲載しましたが、作るのはそんなに面倒では無いです。
大体2日ぐらいで完成します。
他の薔薇の首輪が3日はかかってしまうのに比べらたまだ楽な方です。
薔薇の首輪はなんといっても薔薇を縫い付けていく作業だけで半日ぐらいかかってしまうので、それに比べたら染料やコバコートを駆使して模様を付けるので比較的短い時間で出来るのです。
とは言っても、全体の様子を見ながら徐々に作り上げて行くわけでそれなりに時間はかかってしまうのです。

こういったデザインの首輪でもCrimsonCrowとしては手を抜く事は一切しません。
ちゃんと段差をなくして、裏地には柔らかい革を貼り付け、着け心地の良い様に心がけています。
同じようにコバの処理もしっかりと!です。

人首輪って限られている様でいろいろな発想でいくらでも広がると最近思います。

次は南京錠付きの人首輪を作ろうと思っていますが、冬用のラビットファーの人首輪も作りたいなと思っています。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


コメントを残す