人首輪専門として

様々な人首輪を製作してきましたが、専門として作品の数を100種類以上にしたいと考えています。
現時点ではは43種類。人首輪専門としては少ないかなと思う。

30そこらの作品だと、まだ趣味のレベルとしての認識が多いだろう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

日々製作はしているものの、どうしても手間をかけ良いものをと考えてると、月に10作品程度になってしまう。
丁寧な作りを変えるつもりはないので仕方ない。
さらに、時間をさいて製作の時間に当てないとなかなか100を越えるのは来年の6月ごろなのだろうか。

ただ、100作品を目指すと言ってもやっつけ仕事は意味が無い。
どれも素敵な作品で有りたいから日々の奮闘は続く。

ただ作ると言っても良質の革を選んで仕入れもしているのでお金も数十万は掛かるからそれも大変なんだけど、売り物だけではなく試作品や、販売促進の為の試着用の人首輪も作ったりしているので思ったより数が増えていかない。

試作品を作る事で修正点などが見つかるので、絶対に必要な事です。
現に試作品を作ったからこそ製作手順の変更や、細かい修正により、見映えも良く素敵な人首輪が完成するのは作品を見ていただければわかるだろう。

また、どんなに良いものを作っても写真より実物を見て触って、試着しないと解らない事も多いので、試着用の人首輪も必要。

なかなか、作品数は増えて行かないが良いものを丁寧につくる。
これだけは、いつまで経っても変わらないのだと思う。

人首輪専門として100作品を超えたなら、もう少し胸を張って「人首輪専門CrimsonCrow」と言えてくるのだと思っている。


コメントを残す